営業代行サービス

営業代行の報酬相場とは?|おすすめ代行会社3選もご紹介

近年、営業業務を代行するサービスを提供する企業が増加傾向にあります。
この記事では、営業代行を利用するメリットにはどんなものがあるのか、企業は営業のどんなプロセスを代行してもらうのか、営業代行の料金はどのくらいなのかといった疑問を解消していきます。
また、営業代行のおすすめの3社を解説した後、営業代行に代わる営業自動化ツール「APOLLO SALES」をご紹介します。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

 

営業代行について

営業代行は、企業において営業業務を代行するサービスのことを指します。営業代行会社は、営業のエキスパートとして、高い営業ノウハウをもつ人材を提供します。

電話営業、飛び込み営業、個人営業、法人営業など多様な営業活動に対応し、依頼先企業の営業活動を行います。近年、この営業代行サービスが普及してきています。一般的な企業では、自社で営業部署を持ち、営業活動を行います。しかし、スピード感が必要なプロジェクトの場合、営業活動を行うための人材の募集、育成に時間をかけている暇がありません。
そこで利用を考えるのがこの営業代行です。コスト面、スピードなど営業代行を利用することで多くのメリットを得ることができます。

 

営業代行のメリットとは

営業代行には魅力的なメリットが存在します。営業代行のメリットを以下で3つご紹介します。

 

自社の弱点を強化できる

自社のサービスや商品が思うように売れない理由として、営業の仕方に問題がある場合があります。営業代行サービスを利用すれば、自分たちだけでは気付かなかった弱点が発見され、改善と強化に繋がります。また、自社では取り組めなかった新たな販路開拓に取り組んでもらうことも可能です。営業代行サービスの最中で獲得したノウハウは、その後も自社のノウハウとして蓄積、利用することができ、自社の強みにすることができるのです。

 

営業活動をすぐに開始できる

営業の人材を新たに雇用するとなると、教育コストがかかります。そこで営業代行サービスを使うことで、即戦力となる人材を利用することができます。サービスや商品、業界について最低限の知識を教える必要があっても、慣れた営業活動はすぐに始めることができるので、スピーディーに多くの顧客にアプローチしたい場合に有効です。

 

営業経費の削減と変動費化

営業をするための人材を正社員として雇用するとなると、採用プロセスの費用のほか、営業人材に貸与する携帯電話やパソコンの経費、給与関係の費用なども含めてさまざまな費用が発生します。営業代行は案件を依頼したときのみ費用を払えば良いため、コストの削減が期待できます。

 

営業代行の2つの形態

営業代行にはアウトソーシングと営業のソリューションという2つの形態が存在します。

 

アウトソーシング

営業代行のアウトソーシングとは、営業の工程を外部に委託することです。アウトソーシングの対象として、内勤のインサイドセールスと、外勤のフィールドセールスの2つがあります。利用の仕方には色々なバリエーションがあり、例えば、フィールドセールスは自社で行いインサイドセールスは代行してもらう場合や、交渉だけを代行してもらう、あるいは全て任せる場合などがあります。アウトソーシングで代行する代表的な工程を以下でご紹介します。

 

・商談、交渉

フィールドセールスの中で、交渉そのものを行ってもらう場合や、商談に来てもらい交渉のサポートを行ってもらう場合があります。

 

・アフターフォロー

インサイドセールスとフィールドセールスどちらもあり得ますが、再オーダーの機会を逃さないよう既存の顧客とコミュニケーションを密に行う業務です。

 

・顧客育成

インサイドセールスの一部で、発掘したリードと継続して関係を保ち、タイミングを合わせて商談に繋げる業務です。

 

・顧客発掘

インサイドセールスの一部で、見込みのあるリードを発掘する作業です。Webや展示会を利用した集客や、顧客へ電話をかけリード候補のリストを作る業務となります。

 

営業のソリューション

営業代行における営業のソリューションとは、営業戦略の案を立て、実行し、PDCAサイクルに合わせ業務を代行、またはアドバイスすることです。営業の人手が足りない場合ではなく、営業の仕方がわからない場合や、新市場や商品立ち上げで新しいやり方を模索する必要がある場合に利用するサービスです。また、営業人材の教育や、営業の仕組みそのものを構築してもらうこともできます。

 

営業代行を利用したときの流れ

営業代行を利用する場合のフローを、「問い合わせ」、「打ち合わせ」、「契約」のそれぞれの段階ごとにご紹介します。

 

・問い合わせ

近年では営業代行サービスを提供する会社は多くあります。まず考えるべきは、自社にはどのような形態の営業代行会社が合うのか、そして営業代行を行う目的をはっきりさせることです。その上で会社を選定していく必要があります。

営業代行の会社にはそれぞれに特徴や強みがあります。そのため、一つの業者へ問い合わせて決定するのではなく、複数の業者を比較検討することが重要です。少なくとも3社程度と相見積もりを取りましょう。

 

・打ち合わせ

営業代行業者の選定が完了したら、実際に営業を代行してもらう営業マンと顔を合わせ、目標とする売上額、重視して欲しい事柄、商品やサービスのインプットを行います。業務を実際に始める日時、スケジュールなども決定します。

 

・契約

営業の方向性や営業マンの人柄、意思の疎通に問題がなければ、契約を行います。営業業務が開始された後、営業成績が報告され、結果によっては営業代行業者によって販売戦略の立て直しが行われることもあります。

 

営業代行の報酬相場とは

営業代行の報酬には3つのパターンが存在します。固定報酬型と成果報酬型、その二つが混在する固定費+成果報酬型です。それぞれの特徴や報酬相場について以下でご紹介します。

 

固定報酬型

固定報酬型とは、クライアント側がアウトソーシング先の代行業者に月額料金を支払う形式です。受注や売り上げなどに対する成果の有無は関係ありません。

予めどの程度の費用を支払うのかを知ることができるため、決められた予算内で収めたい場合に有効です。固定報酬型は幅広い業務で使われる営業代行にとって基本的な料金体系です。蓄積したノウハウでは対応が難しく、検証しながら仕事を進める必要のある顧客の開拓や新規事業では、ほぼ固定報酬型であることが多いです。

扱う商材にもよって、専門性が高い場合は100万円に上ることもありますが、基本的には営業一人当たり月50万円から60万円が相場となります。成果の如何に関わらず支払う必要がありますが、ある程度の期間内であれば、成果報酬型よりも費用が低く収まる場合もあります。

 

成果報酬型

成果報酬型とは、受注やアポイントメントなどの成果に対して料金が発生する形式です。料金は高めに設定される場合が多く、成果次第によっては固定報酬型より割高になる場合も少なくありません。しかし、固定でかかる月額費用がなく、無駄な費用がかからないのはメリットと言えます。成果により料金は変動するので具体的な金額は出せませんが、1アポイントにつき1.5万円から2万円、成約まで請け負う場合は売り上げの30%から50%程度が料金相場だと言われます。

 

固定費+成果報酬額

複合型は固定報酬型と成果報酬型を組み合わせたものです。月額の固定費と共に成果によって料金が発生します。ベースは成果報酬型の場合が多く、固定的に払うのは営業活動において経費など最小限に抑えられている場合がほとんどです。

複合型の固定費の相場は営業スタッフの稼働量によっても違いますが、月25万円から50万円程と、固定報酬型よりも若干安くなっています。成果報酬額については、代行会社によって設定価格が代わるため、調べる必要があります。

 

人気営業代行3つの特徴と報酬相場

CEREBRIX(セレブリックス)

株式会社CEREBRIXは1998年設立の営業代行会社です。営業代行という歴史が浅い業界の中で、設立から20年と営業代行の老舗企業です。CEREBRIXの特徴は、データを机上の空論で終わらせることなく、事実に正面から向き合い、クライアントと二人三脚で収益の向上をサポートしている点です。お客様と共に現場の一戦に立ち、共に汗をかき事業を成功させることをモットーにしています。CEREBRIXの営業代行サービスを受ける際にかかる費用は、月額60万円からです。

 

戦略的営業アウトソーシング

戦略的営業アウトソーシングは、株式会社ファンベストの営業代行サービスで、その企業に合った専用の営業組織を構築し、営業のプロが営業戦略立案、新規開拓、フォローまで行ってくれます。戦略に重きを置いて、正しく高速にPDCAを行うことで実行、営業戦略、フィードバックまで全行程をサポートします。営業コンサルティング事業から生まれた営業代行会社だからできるサービスであり、誰が営業したとしても一定の確率で成果が出せる勝利の方程式の構築、運用を可能にします。戦略的営業アウトソーシングは、セールスアウトソーシングで月40万円から、セールスコンサルティングで月35万円から実施しています。

 

KATASEL(カタセル)

株式会社KATASELは、キーマン商談獲得代行サービスを得意とする営業代行会社です。大手や上場企業へのアプローチを得意とし、決定権のあるキーマンとのアポイントを取ります。また、説明の難しい無形商材でも、商談成立の実績を誇ります。KATASELはユニークなアポ方法を取っており、アプローチ先企業毎に、直筆で書いた和紙の手紙を送ります。そうすることで、商談が成立しなかったとしても、企業にとってプラスのイメージが残り続けます。

KATASELは成果報酬型で、クロージングまでを含める成果報酬の相場は、一般的に売り上げの30%から50%と言われ、アポイント獲得のみの場合は1アポ1.5万円から2万円とされています。

 

『営業自動化ツール』で費用を抑えた営業

営業代行のほかに、営業業務をサポートするためのツールとして、営業自動化ツールがあります。ここでは営業自動化ツールとは何か、そしておすすめの営業自動化ツール「APOLLE SALES」についてご紹介します。

 

営業自動化ツールとは

営業自動化ツールとは、リードのリストを作成したうえで、リストにメールを自動送信し、アポイントを取るなど、インサイドセールスを自動化するツールです。近年、営業代行に代わる手法として注目されています。ツールを導入することで、事務作業や定例作業などが自動化され、顧客対応において単純ミスを避けることが可能になり、より細かい営業活動ができるようになります。ツールの多くは、別フェーズを自動化するツールとのデータ引継ぎ機能を備えていることが一般的です。

 

4.2 営業自動化ツールなら『APOLLO SALES』 

営業自動化ツールの中で特におすすめのツールがAPOLLO SALESです。APOLLO SALESとは、リード獲得を自動化するツールです。ターゲットとしたい企業を指定することで、アプローチ先のリストを自動作成してくれます。また、営業メール本文を予め作成することで、アプローチ先にメールを自動送信してくれる機能もあります。送信したメールは、メール文の開封率や本文中のURLのクリック数、返信数などをスコアとして確認することができます。相手先企業の関心度が可視化されるため、今後の営業活動やリスト作成に活かすことができます。

料金については、契約期間等で月額費用が変動しますが、月額数万円からのリーズナブルな料金形態を用意しています。詳細はAPOLLO SALESの運営会社、株式会社onionにお問い合わせください。

 

まとめ

営業代行は、スピーディーに事業を展開したい時、営業経費を削減したい時に有効な手段です。豊富なノウハウを持つ営業代行を依頼することで、営業代行を行った後もそのノウハウを自社の物にできる点が強みです。

また、営業代行に代わる営業自動化ツール、APOLLO SALESは、リードのリストの作成からアポイントの獲得までを自動化することで、業務の効率化や人的コストを大幅に削減できるツールです。

営業にお困りの際は、営業代行や営業自動化ツールの導入を考えてみてはいかがでしょうか。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事