営業代行サービス

テレアポで派遣社員を雇うメリットとデメリットは?

皆さんは、テレアポとはどんな業務であるかご存知でしょうか。
後ほど詳しくご紹介していきますが、顧客の候補に電話をかけて、アポイントを獲得する、または商品のセールスなどを行うことを主とする業務のことです。
この記事では、そんなテレアポ業務において、派遣社員を雇うということのメリットとデメリットや、その他の業務を効率化する営業ツールについてご紹介していきます。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

 

テレアポとは

テレアポとは、テレフォンアポインターの略語です。顧客の候補に電話をかけ、アポイントを獲得する、あるいは商品のセールスを行うことが主な業務内容です。
これらの作業は新規顧客の開拓が目的であり、営業の際は、商品やサービスの説明を行った上で契約やアポイントの交渉を行います。基本的に、サービスの概要や簡単な受け答えについては体系化されていますが、応用的な営業スキルに関しては個人で習得する必要があります。

 

テレアポの業務内容

基本的テレアポの業務内容は、自社で販売している商品やサービスなどを認知していないお客さまに電話をかけ、それらの利用を勧めることです。一言で言えば、テレアポは営業職のひとつということになります。

 

テレアポに必要なスキル

コールセンターで必要となるスキルとしてまず挙げられるのは、「コミュニケーション能力」です。お客さまの言いたいことを理解した上で、お客さまの求める情報について的確に返答するスキルは、コールセンターで働く上では必要不可欠なものです。

中には、何が問題であるかうまく表現できないお客さまもいるかもしれませんが、そのような場合には、こちらから「~という状況でしょうか」と問いかけるなど、相手の伝えたいことを上手に聞き出すことも欠かせないスキルです。そのためには、製品やサービスに関する広い知識と深い理解が求められます。

 

また、部門によってはクレームの電話がかかってくることもあるため、相手の言うことに耳を傾ける、謝罪をする、問題点を再確認して解決策を提案するといった「クレーム対応能力」も必要です。

さらに、お客さまからの問い合わせはほとんどすべてデータとして処理する必要があるので、誰がどのような問い合わせをしたのか、どのような対応をしたのかなどを事務的に処理する「事務処理能力」も大切になってきます。
データ処理にはもちろんパソコンを使うので、パソコンの基本的な操作についても理解しておく必要があります。

 

アポイント獲得に必要となるもの

電話は着信先の状態を知らない状態でかけるため、相手側の作業を中断させてしまうなどの理由から嫌われることもあります。

しかし、ひとたびキーマンに繋がれば、顧客の反応によって対応を細かく変化させることができることから、発信者のスキルが結果を大きく左右するといえます。
相手の質問に対してその場で返答できるか否かは、アポイント獲得の成否や、アポイントの質(訪問が名刺の交換程度で終わってしまったか、ヒアリングまでつながっていくか)に大きく関わってきますから、対象の製品・サービスについて熟知している必要があり、営業力が試されるのです。

 

テレアポを行う場合、電話をかける人材の他、架電先のリストとトークスクリプト(台本)が必要です。BtoC分野では営業対象地域の番号に順番にかけていく手法があるかもしれませんが、BtoBにおいては営業対象となる業種、規模、地域で絞ったリストを用意しないと、全く効果が上がらないといえるでしょう。架電先リストの質は、アポイント取得率に大きく影響するのです。

 

派遣社員を雇うメリットとデメリット

テレアポには、多くの工数と従業員が必要になります。派遣社員を雇うことは、テレアポを効率的に行う方法の一つに挙げられます。ここでは、派遣社員を雇う方法やそのメリット・デメリットについてご紹介します。

 

派遣社員を雇うには?

派遣社員を雇うには、人材派遣会社が雇用する派遣スタッフに対し、時給を払って雇う必要があります。人材の年齢や性別を指定することや、人材を特定する目的の派遣スタッフとの事前面接、履歴書の確認などは、一般派遣においては認められていません。

派遣スタッフは人材派遣会社と雇用契約を結んでおり、人材派遣会社は給与の支払いや社会保険の手続きを行います。派遣社員を雇う会社は、人材派遣会社と労働派遣契約を結んだ上で、人材を派遣してもらう代わりに派遣料金を支払います。時給の設定は派遣会社ごとに異なり、職種やスキルなどによっても変動します。
専門的な職種であれば時給は高くなり、同職種の場合、スキルが高い人材ほど時給が高くなります。会社が人材派遣を利用するにあたって重要となるのは、社員が同じ業務を行った場合と比べて「どれだけコスト的にメリットが見込めるのか」という点です。

 

メリット

人材採用のコストと時間を削減できる

企業が人材を直接採用する場合は、多くの場合広告費がかかります。また、応募書類の確認、面接の日程等の調整などをする必要があり、金銭面だけでなく時間のコストもかかります。その上、時間とお金をかけて内定を出したのにもかかわらず辞退されてしまう可能性もあります。しかし、紹介予定派遣の仕組みを使うことで、派遣会社主導で人選がなされ、紹介や面談も進められるため、時間もコストも削減することができるのです。

 

採用時の食い違いを防げる

時間とコストをかけて採用活動をして、やっと採用に至ったとしても、実際に雇用してみると、求めていたスキルが足りなかったり、人間性が会社の雰囲気に合わなかったりなどの食い違いが起こるリスクがあります。紹介予定派遣を利用すれば、実際に働いてもらい、最終的に採用するかどうかを現場の意見を聞きつつ決められるため、そうした食い違いを防げるメリットがあります。

 

事前面接や履歴書の確認ができる

派遣社員の履歴書を提示してもらったり、事前面接をしたりすることは、通常の派遣の場合禁止されています。しかし、紹介予定派遣の場合は、将来的に雇用することを見据えているために事前面接や履歴書の確認ができ、派遣社員の特性をじっくりと確認して契約・就業してもらうことができます。

 

デメリット

紹介手数料がかかってしまう

一般的に、紹介予定派遣であっても、派遣社員として働いている期間は派遣料金以外の追加手数料はかかりませんが、直接雇用に同意した場合には、紹介手数料が求められます。手数料の費用は派遣会社によって変わりますが、一般的には「理論年収に手数料率をかけた額」になります。採用する際にかかるコストと比較し、どちらがよりコスト削減になるかを事前に検討する必要があります。

 

候補者が辞退するリスクがある

能力においても人間性においても問題なく、派遣期間を終了し、ようやく直接雇用へ、という段階になった時に、派遣社員側がなんらかの事情で辞退をする、という可能性はあります。この場合はまた一から採用の準備を始めなくてはならず、それまでの数カ月の時間とコストが無駄になるというリスクも想定されます。

 

自由に人材を選べない

「こういう仕事ができる人材が欲しい」というようなリクエストは可能ですが、派遣契約は労務の提供を受ける契約なので、自ら雇用する人材を選べるアルバイト・パートと違い、「この人を採用したい」という決め方をすることはできません。リクエストと完全には合致しない人材が紹介される可能性があることも、いつも念頭に置いていなければなりません。

 

テレアポより効率のいいアポ獲得方法

テレアポは大変な仕事であり、派遣社員を利用することで効率化を図ることもできますが、それよりも簡単にアポを取れる方法があります。それが営業の自動化を行う営業ツールです。ここでは営業自動化ツールの特徴などをご紹介します。

 

営業自動化ツールとは何か

営業自動化ツールは2種類のツールが存在します。

 

アポ取り自動化のツール

アポ取り自動化のツールとは、見込み客のリストを作成して営業を行い、商談に対するアポイントを取る活動を自動化するツールです。インターネットが発達した現代において、営業先の企業についてのデータ取得は、直接電話するより企業のウェブサイトにアクセスするほうが正確です。一度収集した情報をデータベース化することで、デジタル化の恩恵を最大限に受けることができるようになります。
営業用の文章を登録し、企業のWebサイト上に設けられたメールアドレスや問い合わせフォームを介して営業をすることで、大量で高精度のアプローチをかけることが可能です。つまり、見込み客リストの作成と、それに対する初期段階のアプローチは、デジタルツールによって自動化した方が合理的であるといえます。
そのような流れの中で、専門の会社がウェブ上の情報やその他の情報を総合し企業のデータベースを作り、他の会社はリードを獲得するためにその情報を使う、というビジネスが展開されています。

 

営業活動全般のツール

営業活動全般のツールとは、案件、商談、スケジュール、日報など、通常であればそれぞれの担当者が行う営業活動について、スマートフォンやパソコンのインターフェイスを使い、クラウド化された専用のデータベースに登録して管理するツールです。ある程度の規模の大きな営業チームがある場合は、こうした営業を支援するためのツールを導入するべきでしょう。

画面が分かりやすく直感的に操作ができるか、スマートフォンを用いて外出先においても入力しやすいか、ということが導入の大きなポイントになります。会社で使っているメールなどにうまく連携できないと、同じ入力を繰り返してしまったり、二つのツールを見比べながらでないと業務を遂行できなくなったりと、導入の失敗につながってしまうので注意が必要です。

 

APOLLO SALES(アポロセールス)を使おう!

企業リストは膨大であるため、それぞれ形式の異なる問い合わせフォームへの案内文入力を行ったり、それぞれの企業のWebサイトを巡って問い合わせ先メールアドレスをコピー&ペーストしてメールを送信したり、という作業はとても時間がかかります。その上ミスも発生しがちなので、これらを全て手作業でするというのはあまり現実的な方法とはいえないでしょう。

 

そこでご紹介するのが営業自動化ツールのAPOLLO SALESです。APOLLO SALESは、営業ターゲットの企業に対し、メールもしくは企業のWebサイトに設けられている問い合わせフォームを経由してのアプローチを自動で行うツールです。「アプローチリストの作成」と、「アプローチ先リストから見込み客を抽出する」という、営業の初期段階で必要になる作業を自動化してくれるのです。作業体系は非常にシンプルであるため、短時間の使用で大きな成果を得ることが出来ます。

 

営業対象にしたい企業のキーワードと業種を指定するだけで、60万件以上の法人データベースから、最適なアプローチ先のリストを自動作成します。この法人データベースは常に更新されているので、常に新しいデータを使って営業活動を行うことが可能です。

 

あらかじめメッセージを書いておけば、キーワードや業種を指定してアプローチ先リストを自動作成した後に、それをアプローチ先に自動送信できます。メッセージの送り先としては、企業の問い合わせ先メールアドレスか、企業Webサイトに設けられた問い合わせフォームへの入力かを選ぶことができます。問い合わせフォームの体裁が企業ごとに異なっていても、APOLLO SALESは自動認識して適切な文章を送信します。

 

さらに、アプローチ先へのメッセージの送付後に、相手がメールを開いたかどうか、文中のURLがクリックされたかどうかなど、効果測定を受け手の反応を基に行い、メールに高い関心を持つアプローチ先を絞り込むこともできます。このようにして得られた有望な見込み客のリストに対し営業職があらためて個別でアプローチを行うことで、少ない作業量で営業活動を効果的に行うことができます。

 

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。テレアポにおいて派遣社員を雇うことは、いいことだけではなくある程度のリスクをはらんでいます。そこでおすすめするのが営業自動化ツールの活用です。営業自動化ツール「APOLLO SALES」を使って、少ない工数で効果的に営業活動を行いましょう。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事