営業代行サービス

営業メールを送る際に代行サービスを使うメリットとは

今日では様々なスタイルの営業が確立されています。

電話や訪問による、これまで行われてきた営業スタイルに加えて、「オンライン」つまりウェブの仕組みを使った営業も重要になってきました。

こうした営業はオンライン営業と呼ばれ、大量に詳細な説明が可能となることや、営業を掛けられる回数が増加することなどのメリットのため注目を集めています。

本記事では、代表的なオンライン営業である営業メールと、その代行業者による外注、ツールを使った自動化についてご紹介いたします。

 

営業メールとは

メールを使って自社の商品・サービスの営業文面を企業へ送ることを営業メールと呼びます。

内容としては、自己紹介、サービスや商品の訴求、相手が得られるメリット、相手に期待するアクションを簡潔に記載します。

しかしこういった営業は大半の場合、中身を見られずに無視されることが多いです。

相手の興味を惹くためにもメールタイトルなどにも工夫が必要です。

 

代行サービスを使うメリット

営業メールを一つ一つ自分で送っていると効率を悪いので、そうした作業を代行業者に任せることには一定の合理性があります。

 

代行サービスとは

営業メール代行サービスの基本的な機能は、見込み顧客の送信先リストと、営業メールの本文を入稿すると、代行業者がメールを一斉送信するものです。

また、業者によっては、自身が保有する企業のメールリストに対して、絞り込み検索をかけることで、利用する企業に適合した見込み客のリストを提供する場合もあります。

 

メリット

自社の社員が行うと時間が掛かりすぎますし、自社からメールを送信するとメールサーバーに負荷がかかります。

また代行会社からメールのリストが提供される場合、自分で調べても見つけられない企業に対して営業をかけることができます。

こうしたサービスを提供する代行業者は、郵送やファックスによるダイレクトメールと比べて廉価であることをアピールしています。

またリストが提供される場合は見込み顧客の開拓に大きな意味があるといえるでしょう。

業者サイトで料金を確認すると、メール1通あたり10円前後の料金がかかり、アポにつながる率は0.15パーセントでした。

1アポが6千円台後半となり、アポを取る手段として比較的安価であるといえます。

 

代行サービスを使う必要がない?!

営業メール代行サービスには、それなりのメリットがありますが、今日ではこうした機能を全て保有しつつ、付加的な機能を追加したり、より使いやすい環境を提供したりする営業ツールが世の中に出回るようになりました。

こうした営業ツールの影響もあってか、営業メール代行サービスを利用せずとも、多くのアポイントを獲得するような企業も増えております。

 

メール送信を自動化する

営業メールの送信を自動化するツールがいくつかの企業によって提供されています。

そうしたツールが提供する機能やサービスがどのようなものなのか、主な機能をご紹介いたします。

現在のメールの自動化ツールは、企業が提供するソフトウェアをウェブブラウザ越しにインターネットを通じて使うことが多くあります。

こうしたソフトウェアの利用形態は一般にSaaS(サース、Software as a Service)と呼ばれています。

営業メール代行サービスは上位互換のSaaSで置きかわる可能性があります。

自動化ツールが提供する第一の機能は、リードジェネレーション、すなわち新しい見込み顧客リストの作成です。

ツールを利用する企業が、アプローチをかけたい企業について、何らかの条件やデータなどを送信すると、ツール側のコンピューターが、データベースを参照しつつ、リードを生成します。

企業にとって、見込み顧客リストの作成は大変な作業です。

取引先などのつてを通じて作成されるリストは数の面で全く足りないでしょう。

インターネット上の情報を活用しようとしても、一つ一つ検索して、結果を表計算ソフトなどに記録していては、日が暮れてしまうし、漏れが多く精度としても満足には程遠いものしかできないでしょう。

見込み顧客リストの作成をツール側に任せることは、極めて理にかなっています。

自動化ツールが提供する第二の機能は、生成した顧客リストに対して、営業メールを一斉に送信する機能です。

仮に送信先のリストを自社で作成したとしても、メールを大量に送信するとネットワークトラフィックに負担をかけるので、自社からの送信は適切ではありません。

メールの一斉送信だけを代行する企業は数多くありますが、上で述べた顧客リスト作成機能や。

自動化ツールが提供する第三の機能は、送信結果を分析する機能です。

受信した企業がメールを開封したのか、埋め込んだURLをクリックして、自社のサービスや商品を紹介したページを閲覧したのか、といった情報を確認できなければ、PDCAサイクルを回して、営業メールの質を改善していくことはできないでしょう。

ツールにはあらかじめそうした分析のための仕掛けが組み込まれています。

サービスを利用する企業は、たとえば送信の数日後に、そうした結果のレポートを読み、それに基づいて顧客リストの作り方や営業文章の文言などを改善していけばよいのです。

 

どのくらい効果がある?

メールを使った営業を自動化するツールについて、その機能をご紹介しました。

しかし、利用する企業がもっとも関心を持つのは、結局どれだけの営業成績を上げることができるのか、どれだけのアポが取れるのかといった点ではないでしょうか。

自動化ツールを導入すれば、1~2か月で、すぐに結果がみられるケースが多いようです。

効果が見えない場合は、文章に問題があるかもしれません。

最初は効果が感じられなかったが、メールの文章を改善することで効果が表れたという声も多くあります。

業種、商材、メール配信数にもよりますが、導入後1~2か月で、10件前後のアポを取ることができ、そのうち、1~2件が受注につながるというケースは多くあります

コストとしては、月に数万円~十数万円なので、1アポが1万円前後で取れていることになります。

アポの10分の1が受注につながると想定すれば、1成約当たりのコストが10万円前後という計算結果になります。

テレアポ代行などのコストと比べると、この金額はかなり安いかもしれません。

 

自動化ツールを比較

メールを使った営業、メールを使ったアポ取りを自動化するツールについて、具体的なツールを3つほどご紹介いたします。

 

APOLLO SALES(アポロセールス)

最初にご紹介するツールは、AIを活用したSaaS型のツール「APOLLO SALES(アポロセールス)

ここではAPOLLO SALES(アポロセールス)の具体的な使い方とサポート体制などの特徴をご紹介いたします。

ツールの導入の成功、不成功を決定する要因はツールの機能だけではありません。

とくに人数に限りのある企業が導入する場合、使いやすいツールでないと導入に失敗しやすくなります。

そうした企業では、様々な業務を兼務した従業員が、使い方を十分に習得する時間もなく業務を開始する場合がほとんどです。

そのような環境の中で導入に成功するためには、ツールのインターフェイスはできるだけ簡単で、直感的に操作できるものでなければなりません。

そうした観点を重視して、APOLLO SALES(アポロセールス)の開発にあたっては、インターフェイスが一から作り直されました。

見込み顧客リストの作成は、「リスト作成」画面で行います。

営業をかけたい企業の条件を指定するだけで、APOLLO SALES(アポロセールス)が抱える数十万件の企業データベースから精度の高い顧客リストを作成します。

既存の顧客リストがある場合は、アップロードすることで、APOLLO SALES(アポロセールス)のアプローチリストに組み込むことが可能です。

作成された見込み顧客リストに対するメールアプローチは、「キャンペーン作成」画面を使って行います。

あらかじめ営業文章を登録した上で顧客リストと配信日を指定すると、予約通りにメールが配信されます。

手動となりますが、顧客リストに対してお問い合わせフォームを行うことも可能です。

しかし、オプションを購入することで、お問い合わせフォームを使ったアプローチ作業を外注することも可能です。

メールの送信結果の確認は、「効果測定」画面で行います。

メールが開封されたか、URLがクリックされたかなどの情報がスコア化されて表示されます。

このように、APOLLO SALES(アポロセールス)は簡単操作で営業活動ができるため、営業ツールを利用したことない企業も安心して導入できます。

また、多くの企業でアポを取れるようにするために、APOLLO SALES(アポロセールス)は手厚いサポート体制を構築しました。

利用を契約すると専任のサポート担当者が任命され、導入、使い方、アポを取れるリストの作り方、営業文章の作り方まで幅広い範囲でサポートします。

 

GeAIne (ジーン)

GeAIneはAPOLLO SALES(アポロセールス)とよく似たアポ取り自動化ツールです。GeAIne(ジーン)の場合、見込み顧客のリストはAPOLLO SALES(アポロセールス)のように営業を掛けたい企業の条件を指定することで作成されるのではなく、既存の顧客リストなど、別の手段ですでに作成済みのリストと、既存の顧客リストをアップロードすることで作成されます。

GeAIne(ジーン)のAIがアップロードした顧客リストを分析し、自動でより高い効果を見込める企業を判断し配信します。

 

MailSonar(メールソナー)

MailSonar(メールソナー)はMicrosoft Outlookのアドオンとして使うメールの配信結果を解析するツールです。

導入するとMicrosoft OutlookにMailSonar(メールソナー)のボタンがつくので、そのボタンを使ってメールを送信することになります。

Microsoft Outlook上で、URLのクリック率、メール閲覧時間、閲覧ページを確認することができます。

比較的簡単なツールですが、その分簡単に使うことができ、メールへの反応が良い相手に更に営業をかける起点となったり、反応を見ることで顧客のニーズを把握したりすることができます。

MailSonar(メールソナー)はSaasツールとはいえず、APOLLO SALES(アポロセールス)やGeAIne(ジーン)と比較してかなり限定された機能を提供するツールです。

 

まとめ

営業メール、その代行業者、営業メールのツールを使った自動化についてご紹介いたしました。

営業メールの代行サービスももちろんメリットがありますが、営業ツールを利用して企業課題を解決することができます。

APOLLO SALES(アポロセールス)であれば、顧客リスト作成から営業メールの送信までを自動化することができるため、企業の営業リソースを増やすことなく、アポイントを増やすことができます。

営業メールを実施する際には、企業の課題に対応するツールの導入を検討してみましょう。

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事