営業関連

営業で使うメールアドレスの収集方法とは?最適な方法をご紹介!

現代の営業活動は、人手不足や残業時間削減という時代の流れを受けて、これまで以上に生産性を高めることを求められています。

そのため、1件1件訪問する飛び込み営業など、従来の足で稼ぐ営業方法は時間がかかるため現代の営業活動にはマッチしません。

また、ハガキでのアプローチも、5000企業に63円のハガキを送るには30万円以上もの費用がかかってしまううえ、送付後の開封率が追うことができないため非効率的な営業手法です。

一方メールは、アドレスさえ入手できれば、あとはアプローチメールの文章を用意するだけです。そのうえ、任意のタイミングで余計なコストもかからずにメールを送付することができます。この記事では、メール営業を行うにあたってメールアドレスの最適な収集方法やおすすめのシステム、質の良い営業リストについてご紹介します。

営業を効率化するなら、APOLLO SALES

営業メールのアドレスの収集方法

メール営業とは、電子メールを使って見込み客の獲得を行う営業手法です。電話で説明するより説明を理解してもらいやすく、担当者に直接アプローチできる確率が高いといったメリットがあります。

メール営業を行うために、アドレスの載った営業リストを作成する必要がありますが、さまざまなアドレスの収集方法があり、方法によっては簡単にアドレスリストを作ることができます。まず、アドレスを収集する代表的な方法を3つご紹介します。

自ら収集する

1つ目は、企業のHPなどに載っているメールアドレスを人の手で1つ1つ確認して収集する方法です。自ら調べて確認しながら収集するため。間違いがなく確実に企業のメールアドレスを入手することが可能です。しかし、1つのアドレスを入手するのに多くの時間や手間がかかるため非常に効率が悪く、おすすめできる方法ではありません。

営業リストを購入する

2つ目は、営業リストを販売している業者から買う方法です。多くの企業リストを持つ業者から、欲しい内容や条件を指定して購入します。営業リストを購入する方法は、自社が求める企業の営業リストを簡単に入手することができます。

しかし、手元に届くまでリストの内容を確認することができないため、「受け取ってみたら求める内容ではなかった」というケースもあり得ます。そのため、指定する条件をよく考えてから依頼するようにしましょう。業者によって購入費用やお試し制度の有無、情報の収集元などが異なりますので、複数の業者を比較して依頼することをおすすめします。

システムを活用する

3つ目は、アドレスを含む営業リスト収集に対応したシステムを利用する方法です。システムを利用することで、営業担当者のリスト作成にかかる時間や手間を削減できます。なお、システムによって対応しているOSが異なる場合がありますので、自社のプラットフォームに対応しているかどうかを事前に確認したうえで導入しましょう。

また、システムの料金プランによって収集できる情報のレベルや数量にばらつきがあるケースもありますので、購入する際は事前に確認しておきましょう。一般的に料金が高い方が、より多くのサイトからアドレスを収集できます。

システムの中には営業リストの作成からメールの送信までを自動で行ってくれるシステムもあります。メール営業全体の工数が最小限で済む方法なので、大幅なコスト削減が見込めます。

営業メールのアドレスの収集は「システム」の活用がおすすめ!

営業メールのアドレス収集方法は、システムの活用がおすすめであることをご紹介しましたが、システムはさまざまな企業が展開しているため、どのように選べば良いか迷っている方もいるでしょう。ここでは、選ぶときのポイントやおすすめのシステムをご紹介します。

システムにできること

システムを活用すれば、企業サイトや独自のデータベースから条件を絞り込んでアドレスなどの情報を収集できます。たとえば、タウンワークやマピオン電話帳の情報群から、地域・業種・企業規模などで絞り込み、メールアドレスや住所などが収集可能です。

また、手動で営業リストを作成すると更新作業も手動で行う必要がありますが、システムであればリアルタイムにリスト情報を更新してくれるため、常に精度の高いリストをもとに営業活動を行うことができます。さらに、今までの営業リストを読み込ませて活用できるシステムもありますので、今までのデータが無駄になることはありません。

システムを選ぶときのポイント

システムの導入を決める際に、何を基準に選べば良いか分からないといった方もいるでしょう。ここでは、選ぶときのポイントを4つご紹介します。

目的・目標を明確にする

システムにはさまざまな種類、機能があります。目的によってシステムの選び方が異なりますので、システムを導入する際は明確な目的・目標を立てたうえでシステムの機能を精査し、導入しましょう。

たとえば、「1ヶ月以内に営業リスト1万件の取得を達成したい」や「使い勝手が良くなるようにジャンル毎にリストアップしたい」などの明確な目標を立ててから、目標達成に寄与できる機能を持ったシステムを選びます。また、「営業活動全般を効率化したい」などの目標によっては、アドレスをリスト化するシステムだけでは不十分なため、メール送信まで自動で行ってくれるシステムが良い場合もあります。現場でシステムを活用しているところを想像し、目的に対してシステムの機能が合っているかどうかを考えながら情報収集することが大切です。

保有リスト数や精度を確認する

利用するシステムによって、データベースに存在する企業情報の数が異なります。データベースに載っている企業が多ければ多い方が、その分多くの企業にアプローチすることが可能になります。

ただし、データベースへの掲載企業数が多くても、自社のニーズに合うターゲットが掲載されていなければ意味がありません。可能であれば導入前に自社のターゲットに合致する企業の情報を保有しているかどうか確認しておきましょう。加えて、データベースが定期的に更新されて常に最新の情報を反映してくれるかどうかもチェック対象ですので、リストの数や精度・更新頻度について、事前に確認しておきましょう。

サポート体制を確認する

導入後に、使い方が分からないのにサポートがないため聞くことができないといった事態は避けたいものです。したがってシステムを導入する前に、運用の仕方や疑問点が出てきたときに対応してもらえるのかどうか、サポートの有無はしっかり確認しておきましょう。

また、システムによって電話・メールなどのサポート方法や対応時間、期間などが異なりますので事前に詳細も確認しておきましょう。一般的なサポート内容の代表的な例は下記のとおりです。

・導入時のサポート

システムを導入する際に必要なこと、分からないことを相談できます。

 

・システムサポート

システムの使い方や運用方法をレクチャーしてくれます。

 

・文章サポート

効果的なメール営業が行えるように送付するメールの文章の添削だけでなく、シーンや業種別に文章の提案を行ってくれます。

 

・相談会の開催

システムを導入している企業が集まり、実際の活用事例や活用方法などの情報交換をすることができます。

 

対応している端末を確認する

自社が使用している端末に、システムが対応しているかどうかをチェックすることも大切です。端末はさまざまなものがあり、スマホ・パソコン・フィーチャーフォンなどそれぞれ活用シーンや表示の仕方が異なります。また、普段の業務で使用しているファイル形式と互換性があるかどうか、収集したデータをCSVで出力できるかなどの確認もしておきましょう。

営業メールのアドレスの収集におすすめのシステムは?

さまざまなシステムがありますが、ここではおすすめのシステムはとして、「APOLLO SALES」「GeAine」「Knockbot」の3つをご紹介します。

 

APOLLO SALES(アポロセールス)

APOLLO SALESとは、簡素化されたホーム画面から直観的な操作でリスト作成から送信、分析までを誰でも簡単に行えるフォーム投稿システムです。メール送信とWEBサイトにある問い合わせフォームへの投稿の両方に対応しています。

APOLLO SALESは法人データの件数も魅力的で、独自に構築した50万件以上の法人データを使った営業活動が可能になります。データベースは日々更新され、常に最新のリストで営業を行うことができます。既存の営業リストを組み合わせる機能もあります。

また、APOLLO SALESは使い込むことによってデータが蓄積され、AIの学習機能によって精度の高い営業リストを作成できるようになります。さらに、サポート体制も厚く、契約後は専任の担当者がAPOLLE SALESの使用方法や文章作成ノウハウ、効果的なリスト作成のQ&Aに対応してくれます。

なお、費用は契約期間による変動制で、支払い方法は一括から毎月払いと柔軟に対応してくれます。

APOLLO SALES


GeAine(ジーン)

GeAineとは、人工知能を取り入れた営業支援ツールです。持っている顧客のリストをGeAineにアップロードすると、独自に関連情報を収集・解析して営業リストの抽出を行い、メールやお問い合わせフォームに営業文を自動送信します。前もって送付する文章のパターンを複数用意しておくことで、送付した営業メールの反応を分析し、分析結果をもとにシステムが最適な文章を自動的に判断し、メールを送付してくれます。サポートとしては、ツールの使用方法のレクチャー、文章の添削、文章の提案なども行ってくれます。

費用は月額4万円からですが、自動入力機能の上限数で料金が変わるなど、いくつかのプランが存在します。


Knockbot(ノックボット)

Knockbotはロボットを使用した営業支援ツールです。100万件以上の事業者リストから、条件を指定して絞り込んでリストを抽出することができます。送信はメールと問い合わせフォームどちらにも対応しています。また、既存の営業リストを組み合わせる機能もあります。

サポート体制は、目的に即した配信方法や、メッセージ文章についての相談が無料で行えます。

費用は2種類で、レギュラープラン(1件5円)とプレミアムプラン(1件10円)があります。プレミアムプランでは、クリック履歴と配信完了リストを開示できるようになります。

 

質のいいメールアドレスのリストとは?

営業メールのためにアドレスを収集するといっても、メールが届かない無効のアドレスばかりを集めては意味がありません。以下では、質のいいリストの条件として、「最新の情報である」「情報の重複のない」メールアドレスリストについてご紹介します。

最新の情報であるメールアドレスリスト

質のいいメールアドレスリストにするためには、常に最新の情報にしておく必要があります。リストは1度作成しただけで完成ではありません。

退職や異動に伴う変更に素早く対応できていないと、営業チャンスを逃してしまうばかりでなく、クレームに発展して信用を失ってしまう恐れもあります。また、営業担当者にとっても無効のアドレスばかりの営業リストをだと営業がスムーズに行えず、疲弊してモチベーションの低下を招いてしまいます。

ただし、常に最新の情報を保つことは非常に手間がかかる作業ですので、営業リストを自動で更新してくれるシステムを活用することをおすすめします。

情報の重複がないメールアドレスリスト

情報の重複がないということも、質のいいメールアドレスリストには重要なポイントです。

重複があると、同じ企業に何度もアプローチを行ってしまう可能性があり、スパムメールと判断されて迷惑メールのフォルダに入ってしまうことも考えられます。

また、情報が重複しているとどちらの情報が正しいのか、最新なのかといった判断がつかなくなってしまう恐れもあります。システムには、重複していることを認知して処理してくれるものもありますので、必要に応じて導入を検討してみましょう。

まとめ

最適なメールアドレスの収集方法から、システムを利用した収集やおすすめのシステムについてご紹介してきました。収集方法には、自ら収集、業者からリストを買う、システムを使うなどがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。中でもシステムを利用した収集は、手間や時間を大幅に削減することができます。最もおすすめのシステムは、「APOLLO SALES」です。

APOLLO SALELSは、営業リストが作成できるだけでなく、企業のホームページにあるお問い合わせフォームやメールアドレスに自動で文章を送信してくれるという機能が備わっています。

また、日々更新されるAPOLLO SALESのデータベースから最新のリストを常に入手できることもメリットです。人の手で行うには時間や手間がかかりすぎるメールアドレスの収集にはシステムを導入して効率化を図ってはいかがでしょうか。

営業を効率化するなら、APOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事