営業関連

BtoB企業のメールアドレスを効率よくリスト化する方法とは?

営業において、潜在顧客のメールアドレスリスト作成は避けられない作業として存在します。
BtoB企業のメールアドレスのリスト化は、場合によっては数千以上の膨大なデータを収集しなくてはならず、手作業で行うのは現実的ではありません。

 

この記事ではそんなメールアドレスリスト化の解決策である「メールアプローチツール」について、どのようなサービスで、どのような効果があるのかを解説していきます。
また、メールアプローチツールの中でも特におすすめのAPOLLO SALESというツールの特徴や、APOLLO SALESを導入することでどのような課題が解決されるのかを、導入事例を踏まえてご紹介します。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

対BtoB企業の営業手法は「メール」がおすすめ

遠くにいる人とコミュニケーションを取るツールとして、10代と20代を除く全ての年代で現在最も広く使われているのは「メール」です。
したがって、BtoBの営業手法としてもメールマーケティングは大変有効な手段と言えます。メールマーケティングとは、「メールを使ってマーケティングの目的を達するようにユーザーに動いてもらうこと」です。
具体的には、最終的な目標を決め、その達成のためにどのような内容のメールにし、どのような行動を促すのかを考え、戦略的なメールコンテンツを配信していくことです。
メールマーケティングを使うメリットには次のようなものがあります。

 

・連絡が付きやすい

相手が不在だと無駄足になってしまう営業電話とは違い、相手が不在の時でも受信箱にメールが届くので、メールを開封するタイミングをその人が自由にできるメリットがあります。

 

・低コストで始められる

効果検証の分析ツールやメールの配信システムに費用はかかりますが、大規模なマーケティング施策よりも比較的安価にスタートできます。

 

・高い投資対効果が期待できる

先に述べた通りメールマーケティングの導入費用は少ないものです。それに加えてメールを出す前提として、顧客にはすでにメール配信の許可が下りているため、コンバージョンしやすい層へのマーケティングである故に、高い投資対効果を見込めます。


BtoB企業のメールアドレスをリスト化する方法

BtoB企業のメールアドレスをリスト化すると、メールマーケティングによるアプローチが容易になります。リスト化には、手動で作成する、業者から買う、ツールを利用する、という方法があります。それぞれの特徴やメリット、デメリットをご紹介します。

 

自ら調べて手動でリストを作成する

手動でリストを作成するメリットは、ターゲットを人の手で絞れる点です。デメリットとしては時間がかかりすぎることや、人の手でリストを制作するには膨大な数をこなす必要があることです。リストを手動で作る手段には次のものがあります。

 

・自社内の名刺情報を活用する

自社の各担当者が取得保有している名刺や、社内で共有している名刺など、名刺情報を掘り起こし、記載されているメールアドレスをリスト化します。社内には活用されないまま放置されている名刺も多いため有効な手段です。

 

・求人サイトを活用する

求人サイトの求人情報検索から企業情報を閲覧し、掲載されているメールアドレスを収集します。

 

・該当する企業のホームページを閲覧する

知りたい企業を検索し、その企業のホームページに記載のあるメールアドレスのリストを作成します。業界団体のホームページでは、所属する企業が一覧で載っているため、情報収集には便利です。

 

BtoB企業のメールアドレスリストを購入する

企業の情報を持っているメールアドレスのリスト業者から、企業の業種や規模などで絞り込んだリストを購入する方法があります。

メリットとして、自社が求める企業のメールアドレスのリストを大量に入手できます。デメリットとして、購入前にリストの中身をチェックできないため、絞り込む条件をしっかり確認する必要があります。

より良いメールアドレスのリストを買うために、購入するための費用や無料お試しが出来るかどうか、情報のソースなどを事前に確認し、尚且つ複数の業者を比較した方が良いでしょう。

 

メールアプローチツールを利用する

メールアプローチツールとは。BtoBマーケティングにおいて、他社のアドレスに対して自社の商品やサービスをメールでアプローチするツールです。アプローチするアドレスのリストは、メールアプローチツールが自動で作成してくれます。

メールアプローチツールを使うメリットは、工数が減ることで人員が削減され、コストを下げることが出来ることです。一方でデメリットとして、メールアプローチツールを購入する初期費用がかかることが挙げられます。

 

メールアプローチツールがおすすめ


メールアプローチツールのおすすめ理由

企業へメールでアプローチをする時に、工数がかかりすぎる、アプローチの結果が知りたい、と思う事はありませんか?

そんな時はメールアプローチツールがおすすめです。メールアプローチツールがアプローチするアドレスのリストを自動で作ってくれる事には先に触れましたが、その他にもアプローチのメールを自動で送信してくれる機能や、その送信結果を確認できる機能があります。それらの機能について以下で詳しくご紹介していきます。

 

自動でBtoB企業のメールアドレスリストを作成してくれる

顧客にメールでアプローチする際に良く難しいと思われる点は、どうやって見込み顧客を選出し、メールアドレスリストを作るのかではないでしょうか。企業のメールアドレスリストを手作業で作るには多くの手間と時間がかかりがちです。

メールアプローチツールは、web上の数十万に上る数の情報からメールアドレスリストを自動で簡単に作ることができます。アプローチしたい企業を業種別、業態などの条件でリストアップしメールアドレスリストを抽出できるため、手を煩わせることはありません。

 

自動でメールを配信してくれる

メールアドレスリストがあったとしても、メール送信を一件ずつ対応していたのでは、膨大な作業となります。

メールアプローチツールは、前もって配信スケジュールやメールの内容を設定しておくことで、毎日のメールアプローチが自動になるため、作業工数や人員を減らせます。

 

配信結果を管理画面で確認できる

メールアプローチツールを使い企業にメールを出した後は、開封率や埋め込んだURLのクリック率を管理画面でスコアとして確認することができます。相手企業の反応次第で営業活動の改善を図ることが必要です。スコアを活用することで、次の一手を考えることができます。

 

BtoB企業のメールアドレスリストを作成するならこのツール

メールアプローチツールの中でも特におすすめしたいツールがAPOLLO SALESです。
APOLLO SALESを使うと、BtoBのアプローチの作業を大きく簡略化することができます。APOLLO SALESの特徴は、アドレスの自動リストアップ・アプローチ、送信結果の確認、使い勝手の良いユーザーインターフェイスです。

 

APOLLO SALES

APOLLO SALESは、効率的にマーケティングしたい、リストの作成に手間がかかりすぎる、リードの獲得が伸び悩んでいる、といった悩みのある企業の課題を解決するために作られたメールアプローチツールです。

APOLLO SALESの主な特徴を4つご紹介します。

 

・メールアドレスリストの自動取得

APOLLO SALESは独自の企業データベースを保有しており、60万件以上の企業の中から、地域や業種などの条件を入力することでAIが条件を解析し、アプローチの対象として最適な企業を自動でリストアップしてくれます。

 

・自動アプローチ

メールを送信する時間や内容を予め設定しておくことで、APOLLO SALESがメールを毎日自動送信してくれます。それにより、業務を軽減し、新しい人員を配置する必要もなく、アポイントを得ることができます。

 

・送信結果の確認

アプローチのメールを出した結果、開封率やURLのクリック率などをスコア化し、確認することができます。その結果、関心度の高い企業を特定することができ、その企業だけのアドレスの抽出が可能です。

 

・誰もが使えるインターフェイス 

APOLLO SALESは、使い勝手の問題を解決するため、インターフェイスをゼロから構成しています。トップページのボタンは最小限のものしかなく、使用する画面もリスト検索、キャンペーン作成、効果測定の3つだけで、誰でも使えるように構築されており、業務担当者にかかる負担は最小限に抑えられています。

 

APOLLO SALESの事例

ここからは、APOLLO SALESを実際に導入した企業の事例をご紹介します。

 

・J社

オウンドメディアの構築支援、SEOやSEMの支援をしている会社です。新規顧客の獲得を見据え、APOLLO SALESを導入しました。
APOLLO SALESの担当はなんと新卒1年目の営業マンだったのですが、導入後は6ヵ月間で1000万弱を売り上げ、計4社の成約を受けました。配信料を安定化させるように工夫を凝らしており、媒体やカテゴリを指定し常時リストを作成して配信を行うようにしています。

 

・P社

外国人の人材紹介を行っているSES事業の会社です。この企業の従業員数はおよそ50名で、そのうち3名が営業、残りの40名以上がエンジニアです。
APOLLO SALESの導入前は新規取引開拓を課題に挙げていました。APOLLO SALESの導入後は、運用を始めて数か月で50~60件のアポイントを得る事ができ、その内2件が成約に至りました。その他幾つかの企業と交渉もしており、今後は益々APOLLO SALESを利用したいと考えているようです。

 

・A社

在日ミャンマー人材を中心に支援を行っている人材紹介会社として、無料求人情報誌の運営をしている会社です。APOLLO SALESを導入してからは2ヶ月で30社のアポイントを獲得し、その内3社と成約することができました。

 

・L社

女性向けの転職サービスを提供している会社です。APOLLO SALES導入前はアポイント件数を増やすことが課題でした。APOLLO SALESを運用するようになってから2ヶ月で月20件のアポイントを得る事ができ、その内3件が成約に至りました。APOLLO SALESの他のチャネルに比べ重役からのアポイントが多い点を評価しているようです。今では、インサイドセールス経由の売上の2割がAPOLLO SALESからのものです。

 

・C社

経営者向けに教育系のコンサルティングを行う会社です。APOLLO SALES導入前は新規顧客獲得のためのリード数に課題がありました。APOLLO SALESを導入しメールアプローチを開始したところ、一日一件のリード獲得に成功しています。今では営業になくてはならないツールとなっています。

 

BtoB企業のメールアドレスリストは効率よく作成しましょう

BtoB企業のメールアドレスリストを作成するには、手作業では手間や時間が掛かりすぎるため、メールアプローチツールを使って効率的に自動で作ることがおすすめです。メールアプローチツールの中でも、特にAPOLLO SALESを使うとAIがアプローチの対象として最適な企業のメールアドレスをリストアップしてくれます。導入事例でもAPOLLO SALESを導入することでアポイントが増え、成約まで繋がっていました。

APOLLO SALESにはその他にも自動メール送信や送信結果の閲覧などができる機能も搭載されており企業へのアプローチや、営業の次の一手を考える際に役立ちます。

BtoB企業のメールアドレスリストの作成やメール送信の手間の解消、成果を出すことなどでお困りでしたら、ぜひAPOLLO SALESを導入してみることをおすすめします。きっと多くの業務の負担を軽減し、結果を出してくれることでしょう。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事