営業RPAツール

営業RPAツールはお問い合わせフォームでのアプローチができるものがおすすめ

一般的な企業の営業活動では、ターゲットに対してテレアポやDM、紹介依頼などを駆使して自社の商品やサービスの魅力をアピールし、顧客の購買意欲を掻き立てようと尽力しているでしょう。
しかし、営業の現場で働く営業マンの皆さんは、今仕掛けている営業方法に納得できているでしょうか。なかなか成約に結びつけることができずに、もがいている方も多いでしょう。

 

そこで、本記事では営業で効果的な方法の一つとして活用されている、「お問い合わせフォーム」での顧客アプローチの有効活用法をお伝えします。加えて、革新的なIT技術で成長を遂げている、営業RPAツール「APOLLO SALES」をご紹介していきます。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

営業RPAツールについて

近年、AIの普及によりビジネスの現場で「RPA」という言葉が飛び交うようになりました。

バックオフィスの業務を効率化するRPAツールは、営業の現場ではどのような役割を果たしているのでしょうか?まず初めに、営業RPAツールシステムの概要と企業がRPAツールを導入することのメリットをご紹介します。

 

営業RPAツールとは

RPAツール(Robotic Process Automation:ロボティックプロセスオートメーション)とは、予め人間の手で設定されたルールに従って、業務を効率化するロボットシステムです。
主にオフィスなどの定型業務が多いホワイトカラー業務に導入され、顧客情報の入力や更新といった作業を手助けし、業務の生産性向上に役立っています。RPAが定型業務を自動化することで、人間がより創造的な仕事に集中できるようになりました。

 

営業活動におけるRPAの役割は、情報収集や資料作成、顧客管理といった定型業務をロボットシステムにより、営業担当者が顧客と密なコミュニケーションをとれるようにサポートすることです。これにより、強固な関係性を築き、受注率を大きく上げることが可能です。

 

営業RPAツールのメリット

営業RPAツールにより、営業活動においての業務の多くを自動化することに成功しました。例えば、インターネットで複数のサイトから特定の情報を収集してExcelに転記したり、特定のキーワードの検索結果のURLを自動で一覧化したりするなど、情報収集の自動化が可能となりました。

 

また、受注・販売データなどの複数のデータベースで管理している情報を一括管理することで、複数のデータ管理を正確に行うことができます。さらに、顧客からの受注伝票を自動でデータベースに取り込み、RPAが代替することで顧客データ管理を自動化し、営業の業務への負担を大幅に軽減することができます。

 

最後に、営業レポートの自動化です。営業フローの中で最も時間がかかるデータの集計から資料作成までを自動化してくれます。RPAを導入することで、必要なデータを登録しておくだけでRPAシステムが自動で取得し、売上実績や見込金額を算出して営業レポートを作成することができます。

 

お問い合わせフォームへのアプローチは効果が期待できる?

RPA導入により、営業のあらゆる業務を自動化することが可能となり、営業マンの営業活動を全面的に後押ししてくれます。ここからは、営業活動のアプローチ方法の一つとして主流となりつつある、お問い合わせフォームへのアプローチを掘り下げていきます。

 

お問い合わせフォームへのアプローチの効果

ビジネスプロセスが大きく変わりつつある現代社会では、営業を掛けたい企業のウェブサイトに設置されている投稿フォームを活用したアプローチ方法が目立つようになりました。主に、少人数精鋭で営業活動を行っている中小企業が、新規顧客を獲得するための施策として取り組むようになりました。

 

営業活動の軸は大きく二つに分けられます。インターネットを活用するか否かで分類される「オンライン営業」と「オフライン営業」、営業を積極的にかけるかお客様のアクションを待つかで分類される「アウトバウンド営業」と「インバウンド営業」の二つの軸があります。

 

人の力だけで営業をかける「オフライン営業」と比べて、お問い合わせフォームなどコンピューターの力を借りる「オンライン営業」は、一度に大量の営業をかけることができます。
積極的なアクションで営業をかける「アウトバウンド営業」は、見込み客を獲得できる即効性が期待できます。逆に、サイトやブログを通じお客様からのお問い合わせなどの行動を待つ「インバウンド営業」は、長期的且つ継続的に見込み客を増やしていきます。

 

以上のように、営業手法によって様々なメリットがあります。お問い合わせフォームによる営業は、「オンライン」と「アウトバウンド」を掛け合わせた営業方法によって、大量のアプローチで即効性が期待できます。

 

お問い合わせフォームへのアプローチで送るといい内容

お問い合わせフォームによるアプローチは、新規顧客の開拓が主な目的だとお伝えしました。それでは具体的にどんな内容でアプローチをかけていけばいいのでしょうか。送るべき内容は、「自己紹介」、「意図」、「要望」の3点です。

 

まず初めに「簡単」な自己紹介です。相手は、問い合わせをしてきた企業に対してそこまで興味を持っていない、もしくはいきなりの営業の問い合わせに対して不快に感じてしまいます。そのため、ここで詳しく自己紹介をする必要はありません。相手が興味を持ってくれやすい、「苦労話」や「共通点」などを短文で送り、距離感を近づけていきましょう。

 

簡単な自己紹介が終わったら、ここでようやく連絡をした意図の説明にとりかかります。営業提案やアライアンスの打診、アポイントの打診をしましょう。ここでも長文でだらだらと送るのではなく、包み隠さず端的且つストレートに伝えましょう。

 

相手企業への連絡の旨を伝えたら、最後にこちらの要望を伝えましょう。「とりあえず資料に目を通して欲しい」、「アポイントの候補日が欲しい」、「返信が欲しい」など、相手に求めるリアクションを明確に伝えましょう。この際、相手への過度な配慮はNGです。
「よろしければ」、「お時間あれば」などの「たら・れば」で打診するのではなく、「貴社とは良いおつきあいをしたいと強く思っておりますので、ご返信のほど何卒よろしくお願い致します。」と、相手がアクションを起こしたくなるような文章を送ることがポイントです。


お問い合わせフォームへのアプローチを効率化するには

お問い合わせフォームへのアプローチは非常に効果的です。その一方で、インターネット検索での企業情報の確認、お問い合わせフォームの場所を探し手動で記録するような、単純作業の繰り返しは、膨大な時間を要します。

 

そこで、ロボットシステムで定型業務を行う、営業RPAツールが活躍します。営業RPAツールの導入により、数百、数千の企業に対して一つ一つ手動で入力していた作業を効率よく、企業のお問い合わせフォームへ投稿できます。営業RPAツールを導入することで他にも、多くの利点があります。時間と工数を削減し、お問い合わせフォームへのアプローチを効率化する「営業RPAツール」の導入をおすすめです。

 

お問い合わせフォームへのアプローチでRPAツールを使ったほうがいい理由

では、お問い合わせフォームへのアプローチで営業RPAツールを活用するべき理由をお伝えします。「リストの作成からアプローチまでの代行」、「より効果が期待できるお問い合わせフォームのリスト作成」、「業務の効率化」など、営業RPAツールが利用されるワケをご説明します。

 

リスト作成からアプローチまですべて代行してくれる

お問い合わせフォームで営業をかけていくにあたって、一番労力と時間が必要なのが優良な顧客となる得る法人のリスト作成です。
営業RPAツールは、AIやデータベースにより、アポに繋がりやすいアプローチリストを作成します。さらに、お問い合わせフォームで営業活動を行った結果を分析し、営業レベルを改善・向上させることが可能です。

 

また、営業マンによるお問い合わせフォームへのアプローチ実行量を最低限に行うことが可能です。手入力にはなりますが、コピー&ペーストしやすい仕様になっており、作成された営業リストから企業を選択し、お問い合わせフォームへアプローチすることが可能です。

 

別途のオプションサービスで、お問い合わせフォームへの入力代行サービスを利用できる場合があるので、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

より効果を期待できるお問い合わせフォームのリストを作成してくれる

営業マンが、見込み客となり得る企業を的確に探し出すこととは非常に困難な作業です。
インターネットで検索するにしても、より良いリストの作成にはどのような条件で検索すればいいのか、そのリストは適切なものなのか、多くの不安や課題点が出てきます。

 

営業RPAツールを導入することにより、営業RPAツールが抱えているデータベースとAIを駆使して、見込み客となりうる企業を抽出し、地域や業種などの検索条件を入力すると自動で営業リストを作成します。営業RPAツールのデータベースは常に更新され続けるので、最新の企業情報を元に営業リストを作成します。

 

お問い合わせフォームの作業量の問題解決とともに、AIやデータベース、集計機能などを用いて質の高いアプローチを継続的に実施することができます。

 

業務の効率化が期待できる

データベースの抽出、見込み客リストの作成からアプローチまで、営業活動における営業マンへの負担を軽減してくれるのが営業RPAツールです。
営業RPAツール導入により、これまで人の手で行っていた定型業務の大部分をRPAがカバーすることで、その後の業務を効率的に進めることが可能となりました。

その結果、営業活動のなかで把握はしていた問題点の解消や、新規顧客獲得のためのアイデアの創出など、成し遂げることが難しかったことに着手することができます。

RPAの普及は、営業職の業務効率化のみならず、企業が大きく飛躍するターニングポイントとなります。

 

お問い合わせフォームへのアプローチにおすすめのRPAツール

営業のRPAツールは、営業活動の業務効率化に一役買ってくれる、企業にとって理想的なシステムであることが分かりました。ここからは、お問い合わせフォームへアプローチに最適なRPAツール「APOLLO SALES」をご紹介します。

 

APOLLO SALES

APOLLO SALESは、専用の法人データベースを用いて見込み客を抽出し、メールの送信お問い合わせフォームに入力を通じて行われる、営業活動の自動化を目的として開発されたシステムです。

 

APOLLO SALESは、独自に構築した60万人以上のデータベースから、高い精度で見込み客リストを作成します。APOLLO SALESの情報収集力を駆使し、自社のサービスや商品を必要とする法人を選出します。AI機能が選出した企業のデータベースは日々更新されているので、常に最新のデータに基づく営業活動が可能です。

このAIには学習機能があり、APOLLO SALESを使い続けると、学習データが蓄積されていき、リストの精度が自然に向上します。

 

たくさんのRPAツールが出回っているなか、APOLLO SALESが選ばれる理由には使いやすいインターフェイスが挙げられます。APOLLO SALESが一から設計し直した簡潔なインターフェイスは、「効果測定」「リスト検索」「キャンペーン作成」など、三つの画面を見るだけで業務を行うことが可能です。それぞれの画面はとてもシンプルなので、使い方を学ぶ時間を取られることなく、直感的に操作し作業することができます。

 

APOLLO SALES契約後、専任のサポートスタッフが任命されます。APOLLO SALESの使い方だけでなく、リスト作成時のコツや、アポを取るための文章作成のノウハウを解説してくれます。人手不足で困っている中小企業にとって、APOLLO SALESの導入は起爆剤として企業営業活動をサポートします。

 

APOLLO SALES導入のメリット

APOLLO SALES導入のメリットは、他の営業リスト自動作成ツールと大きく異なり、作業範囲を幅広くカバーできることです。
APOLLO SALESは、営業リスト自動作成にとどまらず、あらかじめ設定した商品やサービスの案内文を、抽出した営業リスト上にある企業に対してお問い合わせフォーム経由で送信することができます。お問い合わせフォームへの自動入力、送信は各企業で異なる体裁のフォームへの自動入力により、人為的には行えないアプローチが可能です。

 

また、案内文を送信した後は、案内文の中身が開けられたのか、本文上のURLがクリックされたのかをチェックすることができます。APOLLO SALESは、営業リスト自動作成だけでなく、案内文送信後のターゲットの関心度合いを確認するなどして、リストに対する営業活動まで自動化します。

 

これまで営業活動のなかで最も人的リソースが必要とされていたのが、営業リストからの見込み客の掘り起こしでした。見込客が揃わずにその後の営業活動を展開していくことがままならないことに企業は頭を抱えていました。しかしAPOLLO SALESのツール出力は、潜在顧客のリスト抽出ではなく、見込み客リストであるという点が他の営業リスト自動作成ツールとは異なる、最大のメリットです。

 

RPAツールはお問い合わせフォームへのアプローチができるものがおすすめ

市場には計りきれない膨大な数の潜在顧客が存在します。その中から、ごくわずかの見込み客を探し出すのには、マンパワーでは難しく時間がかかります。効率よく新規顧客を獲得するためには、大量のリード数が必要です。お問い合わせフォームへのアプローチをRPAが行うことで、企業の人間はよりクリエイティブな作業に専念し、見込み客獲得とその後の営業活動を効果的にすることができます。独自の技術でお問い合わせフォームへアプローチをかける「APOLLO SALES」を導入し、営業活動を効率よく進めていきましょう。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事