営業RPAツール

企業リストを収集できるツールで営業効率を大幅に改善する方法とは?

もっと効率的に営業リストを作成したいが、具体的な方法が分からない。そんな悩みを抱えている営業職の方は多いのではないでしょうか。

管理者の方からも、人材が不足して困っているのに、営業リストの作成など準備作業に時間を取られてしまってどうにかしたいとの話をよく聞きます。今までのようなアナログな営業手法だと、人は少なくても成果は求められる現状にマッチしなくなってきています。

ではどんな打開策が考えられるでしょうか。
そこで注目して頂きたいのが便利な営業活動のためのツールです。既に多くの種類のツールが登場しており、その用途は様々です。
もちろん、営業リストの作成を最新の情報から自動で行ってくれるツールもあります。今回はそんなツールの魅力について詳しくみていきます。特におすすめしたいツールもご紹介するので、注目してみて下さい。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES


企業リストを収集する方法

そもそも、企業リストを収集するにはどの様な方法があるでしょうか。いくつかの方法が考えられるので、一度整理してみましょう。

 

自ら調べて企業リストを収集する

とてもアナログな方法ですが、一番馴染みがあると感じる営業職の方も多い方法ではないでしょうか。電話帳や四季報、さらにはインターネット上の企業のHPからなど、片端から色々な情報媒体を調べて企業の住所や電話番号、メールアドレスなどをリストアップしていきます。
読んでお分かりかもしれませんが、一番手間がかかり効率的な方法ではありません。
また営業活動で鍵となるキーマンの情報は、紙媒体やインターネットに載っていない場合がほとんどです。営業リストの利用目的によってはさらに質を向上させる必要があるので注意が必要です。

 

企業リストを購入する

お金を払うことで営業リスト作成作業の時間短縮を狙ったのがこの方法です。
価格は会社によってさまざまですが、1件あたり1~300円ぐらいする場合が多いです。月額で情報を提供している会社もあります。
どの様な方法でお客様にアプローチをしたいのか、そのために必要な企業の情報の項目は何か、その辺りをまずは明確にしておくとリスト収集会社の選定も楽になります。
また、企業リストの更新頻度はどの程度か、企業リストは整理されているかも併せてよくチェックしておきましょう。その手間を惜しむと、たとえ楽に企業リストが手に入っても情報にノイズが多く、分類が不明瞭であるなど、あとで苦労することになります。

 

企業リストを収集できるツールを使う

一番おすすめしたい方法がこの企業リストを収集できるツールを活用する方法です。ツールを用いれば、企業リストの入手はもちろん可能ですが、それだけではく一連の営業活動の自動化が図れます。例えばメールによるお客様へのアプローチもツールが代行してくれます。
会社の規模や自動化したい業務に合わせて適したツールを導入すれば、営業活動の負担を確実に少なく出来ます。様々な種類のツールがあるので、自社にはどんなツールがマッチしているのか考えてみると良いでしょう。

 

企業リストを収集できるツールを使うメリット

 

続いて企業リストの収集にツールを用いるとどんなメリットがあるのでしょうか。いくつかのメリットが考えられますが、ここでは代表的なものを紹介します。

 

業務を効率化できる

第一に今まで営業活動で必要だった工数を大きく削減できます。上手くツールを活用すれば、業務の効率化を実現できるでしょう。
企業リストの作成作業を仮に手動で行っていたとすれば、1件のリストを作るのに1~2分はかかってしまうのではないでしょうか。100件のリストを作るだけでも一苦労ですよね。
それが、ツールに代行してもらえば、行うのは条件を指定するだけです。他の仕事をしているうちに、企業リストは完成してしまいます。

 

最新のデータを手に入れることができる

営業リストを購入した際などによく遭遇するのが、情報がもう古くなっていた、というケースです。会社名が変わっていたり、廃業していたり、電話番号が繋がらなかったり、さまざまな変更があるものです。この様なケースへの遭遇頻度が多くなると、無駄な手間も沢山かかってしまいます。

一方でツールを用いると、常に最新の情報から企業リストが作成されます。最新のデータから営業活動が出来るので、お客様と話が食い違う事もありません。活きた情報で営業活動を行えます。

 

自分の欲しい情報を手に入れやすい

営業するためならどんな企業リストでも良いかというと少し違うはずです。自社がターゲットにしている条件に当てはまるお客様のリストを収集したのではないでしょうか。

確度の高い情報を元に営業活動をしたいですよね。そんな際もツールを用いると、自分の欲している情報を手に入れやすいです。それは入手したい情報の条件を細かく指定できるので、情報の質が高くなるからです。営業方針が変われば、それを条件にすぐさま反映できるので、求める情報を常に入手できます。

 

さらに効率化を目指すなら『APOLLO SALES』がおすすめ

そんなツールは多くの種類がありますが、特におすすめしたいのがAPOLLO SALESです。APOLLO SALESは営業活動の更なる効率化のために心強くサポートしてくれます。ではAPOLLO SALESは一体どんなツールなのか、詳しくご紹介します。

APOLLO SALESなら企業リスト収集からアプローチまで代行

ではAPOLLO SALESには一体どんな特徴があるのでしょうか。ここではAPOLLO SALESの5つのおすすめポイントをお伝えします。

 

ポイント1:企業リストを簡単に作成

面倒で時間もすごくかかった企業リスト作成作業ですが、APOLLO SALESを導入すれば一変します。それはAPOLLO SALESがインターネット上の情報から企業リストを自動生成してくれるからです。自ら企業情報を探してエクセルに入力するといったアナログな作業はもう必要ありません。APOLLO SALESに指示を出したら、待ち時間はお客様への資料作りなどに時間を使いましょう。

 

ポイント2:企業条件を指定して情報を抽出

APOLLO SALESはただ単に企業情報を沢山集めてくるわけではありません。必要としている企業リストの条件を指定して、マッチする情報のみをリスト化できます。例えば業種や会社の規模など、様々な項目で条件を指定できます。条件をカスタマイズすれば、自社だけの確度の高い企業リストを簡単に作成できます。APOLLO SALESを使いこなせば、これ以上ない営業の武器になるでしょう。

 

ポイント3:既存の営業リストは活用可能

既存の企業リストがあるけれど、導入したツールに活用できるのだろうか。そんな疑問を持っている方もいらっしゃるはずです。答えはもちろん活用できます。CSV形式にてインポートが可能です。これまで使っていた営業情報は引き継いで、そこに新たな企業情報を加えていく形でスムーズに営業活動を行えます。

 

ポイント4:お客様へのアプローチも自動で実行

APOLLO SALESは企業リストを作成したらそこで終わりではありません。作成した企業リストに対して、自動でメールアプローチも行えます。APOLLO SALESが一元的にお客様にメール送付すれば、アプローチ結果を分析するのも容易です。スコア化された情報を元に、その後の営業活動をより戦略的に進めていく事ができます。

 

ポイント5:扱いやすいインターフェイス

APOLLO SALESの画面は、説明書を見なくても誰もが理解できてしまえる馴染みやすいものです。難しいことを考えなくても、きっとすぐに扱い方をマスターしてしまうでしょう。APOLLO SALESの優れたインターフェイスを見れば、パソコンの扱いが少し苦手だという方も安心するはずです。

 

APOLLO SALESを使うメリット

ではAPOLLO SALESを使うと具体的にどの様なメリットがあるのでしょうか。営業活動が有利になる嬉しい利点がAPOLLO SALESには沢山あります。早速みていきましょう。

 

営業への負担軽減につながり大幅な業務効率化

必死に営業リストを作成して、1件1件地道にアプローチをする。営業というと思い浮かべる光景です。人数の多い営業部隊であれば、これでも活動できるかもしれませんが、今のままだと1つの商談にたどり着くまでにも相当な時間がかかる事でしょう。

そこにAPOLLO SALESを導入すれば、大幅な業務効率化が可能です。条件さえ指定すれば、企業リストの収集からお客様へのアプローチまでAPOLLO SALESが代行してくれます。
人材不足で嘆く企業の大きな戦力にAPOLLO SALESはなる事でしょう。また営業活動の負担が減るので、商談の資料作成など本来注力したかった業務に集中できます。

 

管理・分析が簡単

ツールを使わずに営業活動をしていると、管理や分析するのも一苦労なはずです。情報が一元化されていないので、定期的に情報を提出させて取りまとめなければなりません。

定期的に必要になる作業となれば、負担も増えますよね。APOLLO SALESを活用すればそんな悩みとはおさらばです。
APOLLO SALESが総括してメールアプローチを行うので、営業活動の成果はリアルタイムに分かります。グラフによる分析も簡単で、欲しい情報がすぐに手に入ります。営業結果をもとに次の営業戦略を考えるのも、スムーズに行えるでしょう。

 

APOLLO SALESの導入事例

最後に、実際にAPOLLO SALESを導入した会社の実例をみてみましょう。それぞれ具体的な効果が出ているのが分かるのではないでしょうか。自社にはどの様な変化が起こりそうか、是非想像しながら読んでみて下さい。

 

【事例1:A社】

新規のお客様を開拓していく事に課題を感じ、その解決策にAPOLLO SALESを導入しました。APOLLO SALES導入の成果は高く、導入後の4ヶ月の実績が過去4年を上回っていました。今後の営業にAPOLLO SALESは無くてはならなくなっています。

 

【事例2:B社】

APOLLO SALESに出会ったのは、アポ数を伸ばすにはどうすれば良いか色々なRPAツールを探していた時でした。APOLLO SALESの魅力は何といっても自分に工数がかからない点で、ボタン一つで1日最大1000通ものメールが送付できてしまうのには驚いたそうです。アポ数獲得のための大きな武器としてAPOLLO SALESを日々活用しています。

 

【事例3:G社】

APOLLO SALESはとにかく使いやすく、特に顧客リスト作成からメールの自動送付まで行えてしまうので大変重宝しているようです。会社のリソースは少なくても、新規発注を何件も取っており効果を実感しています。費用対効果がとても高いツールと言えば、APOLLO SALESと考えているようです。

 

【事例4:K社】

APOLLO SALESの魅力は、とても細かい部分まで情報の分析が可能な点と感じています。例えばメールの開封の有無が分かったり、メールに記載したURLをお客様がクリックしたかどうかも判別できたりするので、今後の対策を練りやすいのです。サポート体制も充実しているので、分からないポイントがあればすぐに相談できるのも助かっているとの事でした。

 

企業リストを収集できるツールを使いましょう

さて今回は営業効率を大幅にアップさせる、営業リストの収集ツールを中心にご紹介しました。今まで苦労していた営業リスト作成作業も、ツールをうまく活用するだけで負担がずっと軽減されるのが分かって頂けたはずです。

ただ単に作業が楽になっただけではなく、求めている最新のデータを高精度で入手できるのだから、ツールを上手く使いこなさない手はありません。

人手不足で困っている、営業活動の効率をもっと上げたいと考えている方は、是非ツールの導入を検討してみましょう。中でも一押の営業ツールはピックアップしてご紹介したAPOLLO SALESです。APOLLO SALESに興味を持った方は、是非公式のHPでより詳しい情報を調べてみて下さいね。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事