営業代行サービス

アポ取り代行サービスに依頼するメリットと掛かる費用

新規顧客の獲得に悩み、アポ取り代行サービスを検討する企業も多いのではないでしょうか。

アポ取り代行サービスの利用後にアポが増えたという声は確かに多いですが、費用を考えても適切な選択なのでしょうか。

代行サービスとはどのようなものか、どのように利用するべきなのかをご紹介します。

最後には、アポ取り代行サービスにとって代わるツールとして、人工知能を用いてアポ取りができるツール、「APOLLO SALES(アポロセールス)」をご紹介いたします。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

 

アポ取り代行サービスでアポイントを取る

アポ取り代行サービスとは、見込み顧客のリストに対して、電話をかけてサービスや商品を説明し、商談のスケジュールを設定する作業を、専門の会社が代行して行うサービスです。

営業活動において、新規顧客の獲得はとくに重要な活動です。

この活動は大きく3つの工程に分割して考えることができます。

まず必要となるのは見込み顧客のリストを作成する工程です。

取引先に紹介してもらったり、セミナーを開催したりといった、従来から行われてきた手法に加えて、今日ではインターネット上に公開された膨大な会社情報を収集・分析し、自社のサービスや商品、その他の特性にマッチした会社を抽出することで、見込み顧客のリストを作成する手法が広がりつつあります。

次に、作成されたリストに対して、自社のサービスや商品を知ってもらう工程が続きます。この工程の目的は、商品・サービスを知ってもらい、具体的な商談のアポイントをとります。

この工程にも、従来のような、電話や飛び込み営業によってサービスや商品を知ってもらう手法やFAXDMを送信する手法などに加えて、インターネットを使い、会社のサイト上に公開されているメールアドレスや、企業のお問い合わせフォームに対して、営業文面を送信する手法が加わっています。

最後にこれらの結果から、アポイントにつながった企業と商談を行い、売り手、買い手の要望を調整して、最終的な受注につなげていく工程が続きます。

アポ取り代行サービス会社の仕事はテレアポを代行するだけとは限りません。

総合的な営業支援サービスを展開している場合、営業リストの作成や営業活動全般に対してのコンサルティングなどを行い、営業の質を中長期的に改善していくことをも請け負う場合があります。

アポ取り代行サービス会社によって違うため、自社の課題感に合ったサービスを選択する必要があります

 

アポ取り代行サービスの特徴

アポ取り代行サービスはどのような特徴があるのでしょうか。

 

費用はどのくらい?

代行サービスの利用料金体系は、主に「成果報酬型」、「コール課金型」、「月額固定型」の3種類に分かれます。

「成果報酬型」の場合、取ることができたアポ1件につき支払いが発生し、その金額は1件当たりおおよそ数万円~となります。

「成果報酬型」の成果とは、あくまでアポが取れた件数なので、とれたアポが必ずしも受注につながりやすいとは限らない点に注意が必要です。

「コール課金型」はアポとは無関係に、電話をかけた件数分だけ単価を支払う方式で、1コール当たり数百円~というのが目安です。

通常、電話がアポにつながる確率は数パーセントです。

成果報酬型とコール課金型では一概にどちらがいいとはいえません。

代行会社によっては、成果報酬部分とコール課金部分が組み合わされていたり、留守の場合の対応によってコール課金分の計算が変わったりすることもあります。

結局、代行会社を使いながら、自社に合った料金プランを選択していくことになるでしょう。

「月額固定型」は月に数十万円~の料金を支払うシステムで、負担は大きいですが、コンサルティングなどの付加的なサービスを受ける場合に選択されやすい料金体系です。

結局のところ、代行会社は高いのでしょうか、安いのでしょうか。

この点、代行会社は基本的に高くつき、コスト削減のために使うものではなく、高度な専門性の力を借りることでアポを増加させるために使うものであるという認識が必要です。

アポ取りは時間を必要とする作業です。

営業担当者が自分で電話をしようとしても時間が取れず、そもそも電話を掛ける本数を稼げないことが、アポ数の低迷の原因となることもしばしばあります。

会社訪問を主とした営業の業務と、電話でアポを取る業務は担当を別々にする事には効率的であるといえるでしょう。

アポ取り担当者を別に設けると言っても、そのやり方にはいくつかの種類があります。

主に、会社の正社員が担当する、アルバイトを雇う、派遣社員を雇う、代行会社に外注するといったとこでしょう。

この中で、代行会社を選択した場合、コストは高くなると考るべきです。

つまり、正社員を長期的に抱えるリスクはないものの、代行会社にそれなりの金額を支払うことで、アポ取りのノウハウを利用させてもらうといった考え方になります。

正社員を抱えるリスクがない反面、知識やノウハウは蓄積されないないため、代行会社との契約を打ち切れば元の状態に戻ってしまいます。

このような認識に立ちながら、会社の状況や方針に合う場合には、アポ取りを代行会社に外注することになります。

 

依頼するメリット

代行会社に依頼するメリットは、それなりの金額を支払うことで、代行会社の専門的なノウハウを使うことにより、短期的に受注を増やすことです。

代行サービスを利用している会社の多くは、利用後アポの増加を報告しています。

やはりアポの増加が最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、代行会社を使う場合、受注は増えるもののそれなりのコストも発生します。

この点、受注の増加とかかったコストを見比べて継続的に使うかを判断する必要があるでしょう。

 

 

代行サービスを使わなくてもアポ取りができる!

代行サービスは、それなりの金額を支払うことでアポを増やす仕組みであり、サービスの利用を終了すればもとの状態に戻ってしまうサービスです。

代行サービスは多くの場合でテレアポを使ってアポを取ります。

テレアポ以外にもメール営業やお問い合わせフォームアプローチなど様々な営業手法があります。

最近では、それらの営業手法はツールやシステムを使って効率化することができます。

現時点で、電話セールスをツールに実行させることはできませんが、メールやお問い合わせフォームアプローチでアポ取りをシステム化することは可能です。

実際、営業の文章をメールで送信したり、お問い合わせフォームに入力したりといった作業は、人の手で行うと非常に時間がかかり、工数もかかる作業ですが、ツールを使うことで、効率的にに実行することができます。

また、どんな営業手法でも、見込み顧客のリストの作成なども必要ですよね。

もちろん、見込み顧客のリストの作成もツールが自動で作成することができます。

手作業であれば、Web検索などでターゲットとなる企業を見つけなければなりません。

しかし、どうしても時間がかかってしまい、商談の準備やその他事務作業などに手が回らなくなってしまいます。

ツールを使うことで、高精度の見込み顧客リストを短時間で作成します。

人の手でやろうとすると非常に時間が掛かってしまう繰り返し作業は、ツールを導入して積極的に効率化していくべきでしょう。

最近ではベンチャー企業や中小企業でも、多くの企業が営業に使えるツールを導入しています。

 

APOLLO SALES(アポロセールス)がおすすめ!

先程、ツールやシステムで効率化できると述べましたが、その中でも今回は人工知能を活用したツール「APOLLO SALES(アポロセールス)」をご紹介します。

APOLLO SALES(アポロセールス)は、メール営業で自動で送信したり、お問い合わせフォームへの入力を簡略化したりすることで、アポイントを取ることができるツールです。

それでは、APOLLO SALES(アポロセールス)の詳しい機能や導入するメリットをご紹介します。

また、アポ取り代行サービスと比較し、どのような違いがあるかもみていきます。

APOLLO SALES(アポロセールス)はクラウドのツールなので、インターネットに接続されたパソコンがあればだれでも使い始めることができます。

導入後アカウントが発行されるので、管理者、利用者など複数人で操作することができます。

はじめに、見込み顧客リストの作成を行います。

APOLLO SALES(アポロセールス)は企業が持つ「info@」のメールアドレスを含む企業情報を数十万社以上データベースに積みまされ、その中からリスト作成を行います。

「リスト作成画面」を開き、アプローチしたい企業の条件を指定するだけで、リストが自動で作成されます。

もともと独自で営業活動を行っていた際に、既存のリストがある場合は、CSV形式で取り込むことも可能です。

次に作成した顧客リストへのアプローチです。

「キャンペーン作成画面」に営業の文章を入力します。

送信先リストを指定し、配信日の予約をしておくだけで1日最大1,000件のメールが送信されます。

アプローチした結果は、「レポート確認画面」で確認することができます。

メールが開封されたか、埋め込んだURLがクリックされたかといった情報が、スコア化されているので、反応の良し悪し見ながら営業の文章などを改善していくことができます。

このように、APOLLO SALES(アポロセールス)を用いたアポ取り作業はとても簡単です、使い方に関しても覚えることも少ないです。

一つ一つの画面が直感的に使えるようにインターフェイスが工夫されていて、多くの企業が使いやすさを実感しています。

APOLLO SALES(アポロセールス)はサポート体制の充実にも力を入れています。

導入後は、専任のサポートスタッフがつき、導入や使い方から結果を出すための営業の文章の書き方まで、広範囲にサポートします。

ベンチャー企業や中小企業などでは、営業にリソースを割けない状態や人数が少なくて営業に手が回らないなどの悩みは多くあります。

しかし、まざまな仕事を兼務せざるを得ない中小企業の従業員でも、負担を感じることなく業務を遂行し、結果を改善していくことが可能となりました。

また、アポ取り代行会社に依頼した場合には、先方とのコミュニケーションのやり取りなどが発生します。

自社でツールを導入することで、レポートの確認や今後の施策検討などを自社で完結することができます。

営業リストを使いまわしたり、広告など他の用途に使用することも可能です。

 

以上、APOLLO SALES(アポロセールス)の機能、メリットです。

利用料金は月額数万円~となっており、導入した企業は月当たり10件前後のアポを取れています。

アポ取り代行サービスのアポ1件数万円~という相場と比べると明らかにリーズナブルになっています。

 

アポ取りはAPOLLO SALES(アポロセールス)にお任せ!

アポ取り代行サービスの説明、APOLLO SALES(アポロセールス)のご紹介しました。

同じ目的であっても様々な手段でアポイントを取ることができることがわかっていただけたかと思います。

それなりの金額が必要となるアポ取り代行サービスアポ取りの実績も出ているAPOLLO SALES(アポロセールス)のご利用を検討してはいかがでしょうか?

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

 

<APOLLO SALES(アポロセールス)はテレワークでも有効!>
新型コロナウイルスの感染拡大にともない、テレワークを実施する企業が急増しており、対面や電話での営業が難しくなりつつあります。
ここで自動営業ツールAPOLLO SALES(アポロセールス)を活用すれば、テレワークを導入した企業に対しても今まで通りアプローチすることができます。自身もテレワークをしながら、自動でアポを獲得することができるため、非常に有効なツールです。
テレワークでの営業活動に課題を抱える企業は、ぜひお問い合わせください!

>>テレワークでも有効!APOLLO SALES(アポロセールス)へのお問い合わせはコチラ<<

 

以下の記事では、テレワークで行う営業について詳しく解説しています。ぜひ、こちらの記事もチェックしてみてください。

テレワークで営業活動を行うには?積極的に使いたいツールとは

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事