APOLLO SALES

営業自動化ツールAPOLLO SALES(アポロセールス)の気になる料金とは?

最近売上が伸びない、あるいは減っている。
原因を調べてみると、顧客が段々減ってきていることがわかった。
既存顧客をつなぎとめることは大事だが、やはり新規顧客を獲得しなければならない。
しかしどうやって…

新規顧客の獲得に苦労している会社も多いのではないでしょうか。

「これまでの取引先を起点に広げていくと言っても限界があるし、電話帳で営業するのも今どき効果があるのかな?」

「ウェブサイトを検索して一つ一つ電話を掛けたりメールや問い合わせフォームに入力したりしたいけど、検索結果は膨大だし、一つ一つのトライが成功する可能性はかなり低いし、時間的なコストを考えると結局できることはなにもないな。」

などなど、色々と考えた結果、実際には何もしていない場合も少なくありません。

そんなお悩みを抱えている方のために、デジタルの力や人工知能を活用して、見込み顧客へのアプローチを効果的に、大量に、そして安価に行うツール、APOLLO SALES(アポロセールス)をご紹介します。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

 

APOLLO SALES(アポロセールス)とは

どのようなビジネスを行っているとしても、新規顧客の獲得なしに、ビジネスを継続したり、発展させたりすることはできません。
既存顧客とのやり取りは必ずしも続くとは限りませんし、売上を維持したり増加させたりしたいのであれば、減っていく既存客数以上の新規客を獲得する必要があります。
新規顧客の獲得のためには自社の商品やサービスをお客様に知ってもらわなければなりません。
良いサービスや商品を用意できても、そのことが伝わらなければ買ってはくれません。
こうしたことは、売り手にとっても損失ですが、サービスや商品の存在を知っていれば買うことができたはずの買い手にとっても損失です。
サービスや商品の存在を知らない未来の買い手に向けて情報を発信しなければなりません。
さらに、新規顧客を獲得する必要を認識していても、コスト的に見合わないために、手をこまねいている企業も多くなっています。

そこで、多くの見込み顧客にアプローチし、新規顧客を獲得するためのきっかけをつくることができるツールが「APOLLO SALES(アポロセールス)」です。
APOLLO SALES(アポロセールス)は、人工知能を用いて、自動でメールを送ることのできるツールです。
Web上から数十万社以上の企業情報を読み込み、読み込んだデータベースをもとに自動で見込み顧客のリストを作成したり、そのリストに対してメールで営業をかけたりすることができます。
また、メールの開封状況、埋め込んだURLのクリック数など、メールを受け取った側の反応を見ることができます。
また、企業ホームページのお問い合わせフォームへアプローチする際には、企業情報を簡単に入力するための機能も備わっています。
APOLLO SALES(アポロセールス)はツールの使いやすさにも配慮しています。
直感的に使い方がわかるインターフェースを工夫しているので、多数の仕事を兼務する社員でも使い続けることができます。
サポート体制も充実しているので、導入時の混乱を避け、継続的に使い続けることができます。
このようにして、営業人材が不足している中小企業でも、簡単にアポイントを獲得し、新規顧客獲得につなげることができます

 

人工知能を活用したツール一覧

人工知能を用いたツールAPOLLO SALES(アポロセールス)について紹介しました。
最近では、人工知能をビジネスの場で活用する企業が増えてきました。
ここでは、APOLLO SALES(アポロセールス)以外にも人工知能を使ったツールをご紹介します。

 

AIアナリスト

AIアナリストはウェブサイトのアクセス解析を自動で行い、改善のための重要なポイントを自動で教えてくれるツールです。
AIアナリストは、人工知能を用いて、Googleアナリティクスのデータから、ウェブページの改善点を図と日本語を使って提案したり、分かりやすいレポートを作成したり、ページの編集前後での効果を測定したりする機能と提供します。
AIアナリストは、Googleアナリティクスを活用する上で、専門性を備えた分析担当者の代わりやアシスタントの役割を果たすものといえるでしょう。
ウェブサイト担当者はAIアナリストの分析や助言を参考にしながらウェブサイトを改善していくことができます。

 

Articoolo

Articooloは人工知能を使って、設定されたキーワードからウェブ上に掲載したい記事を作成するツールです。
Articooloが提供する機能は、記事の作成、リライト、タイトルの作成、記事の要約、イメージ検索、ライターヘルパー、引用したい文書の検索などです。
Articooloが実際にウェブ上に掲載できるような記事を作成できるのかが気になりますが、日本語に関する限り、意味不明な文書が生成され、なかなか使える状態とは言えないようです。

 

GeAIne (ジーン)

GeAIne(ジーン)はAPOLLO SALES(アポロセールス)とよく似ていて、メールの送信やお問い合わせフォームへの入力を自動的に行うツールです。
GeAIne(ジーン)は顧客リストの作成は自動で行うことはできず、既存の顧客リストをもとに自動で送信します。

 

 

APOLLO SALES(アポロセールス)のメリット

その他のツールと比べて、APOLLO SALES(アポロセールス)にしかない特徴やメリットをご紹介したいと思います。

 

営業先リストを自動で生成

APOLLO SALES(アポロセールス)は、日々Web上の企業情報を読み込み、最新の企業情報を取得しています。
こうして60万件以上の企業情報の中から、業種、地域、媒体等の条件から、自社の顧客ターゲットになり得るセグメントに切り分けます。
条件が入力されると、APOLLO SALES(アポロセールス)の人工知能が条件を分析し、独自に収集した企業データベースと突き合わせ、アプローチ対象としてもっともふさわしい企業をリストアップします。
人工知能の力と独自に収集されたデータにより、質の高いリストが作成されます。
自動で作成されたリストは、さらに自動的に更新されていきます。

従来では、リストの作成には膨大な時間が掛かるため、一度作成したリストを大事に使い続ける場合も多かったのではないでしょうか。
これでは時間とともに内容が古くなってしまうし、新しく出現した見込み客も追加されません。
APOLLO SALES(アポロセールス)を導入することで、最新の情報を反映したリストを用いて営業活動を行うことができます。

今までは、ウェブ上の情報などを使って対象企業のリストを作成し、それに対してメールやお問い合わせフォームを使ってアプローチする作業をしていた企業が多いかと思います。
しかし、作業自体に工数や時間を掛けすぎてしまうと、本来やるべき業務や商談の準備などができなくなってしまいます。
一人にその作業を専任させたとしても、こなせる数が少ないために、結局のところ効率が悪くなり、アポイントにも繋がらなくなってしまいます。
そういった課題も解決できるのがAPOLLO SALES(アポロセールス)です。

 

人材不足を解消することができる

APOLLO SALES(アポロセールス)を使った場合、人がするべき作業は圧倒的に軽減されます。
ブラウザ越しに検索エンジンを操作する要領で運用できるので、普段パソコンを使って仕事している人であればだれでも運用できます。
企業の営業担当の方は、商談の資料づくりやアポ取りなど、やることが非常に多いです。
1日に使える時間は限られており、目の前の商談が最優先になってしまうので、アポ獲得や事務作業などが疎かになってしまいます。
アポイント獲得に専門の人員を置くにも、コストが掛かりすぎてしまいます。
そこで、APOLLO SALES(アポロセールス)を使うことで、新しく人員を配置することなく、ほとんど工数を掛けることなくアポイントを獲得することができます。
そういった理由から、企業の営業人材不足を解消することができます。

 

難しい設定などが必要ない

APOLLO SALES(アポロセールス)はとても使いやすいツールです。
導入初期にするべき設定や準備も殆どありません。
クラウド型のツールなのでインターネット環境につながったパソコンがあれば使い始めることができます。
既存のリストを追加したい場合はリストをCSVファイルにして、アップロードするだけです。
ここまでで初期設定が終わったことになります。
APOLLO SALES(アポロセールス)のインターフェースは誰もが理解しやすくなるように工夫されています。
管理画面のタブも、「キャンペーン」「リスト」「ブロックリスト」「返信メール」の4つだけです。
「キャンペーン」では、アプローチしたいリストを指定し、アプローチ文面を登録します。
あとは配信開始日と曜日を設定するだけで、メールが送信されます。
また、メール配信後に、送信への反応に対する分析結果を確認することもできます。
「リスト」では、これから使うリストの作成やこれまで作成したリストの確認ができます。
「ブロックリスト」では、メールを送りたくない企業をあらかじめリストに追加しておくことで、配信先を選別しておくことができます。
メール送信時に配信停止リンクを挿入することができるため、メールを受け取った側から配信停止をすることもできます。
「返信メール」では、実際の企業からの返信メールを確認することができます。
どのキャンペーンから返信が来たのかを確認し、そのまま返信することができます。
どの画面もシンプルに構成されていて、覚えることも少ないため、負担なく運用することができます。
また、疑問点などがある場合には、電話やメールにてサポート担当が丁寧に対応してくれます。

 

気になる料金体系は?

さて、こうした機能をもつAPOLLO SALES(アポロセールス)を導入する場合の費用はどれだけかかるのでしょうか。
APOLLO SALES(アポロセールス)は、月に数万円から使えるリーズナブルなサービスです。
この利用料金は契約期間などにより変動します。
支払方法は一括払い・毎月払いなど柔軟に対応が可能です。
詳細な料金体系については、フォームよりお問い合わせていただく必要があります。
また、オプションなどの追加によっても料金が変動するため、料金や詳しいサービス内容について気になる方はぜひお問い合わせください。

 

APOLLO SALES(アポロセールス)の料金などを詳しく知りたい方はこちら

ここまで、APOLLO SALES(アポロセールス)の機能と料金体系についてご紹介いたしました。
人の力ではまったく手が届かない作業量を、ツールの力で簡単に解決しましょう。
新規顧客の獲得を効率化するためにも、AIを使った営業支援ツール、「APOLLO SALES(アポロセールス)」をぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

営業を効率化させるならAPOLLO SALES

APOLLO SALES お問い合わせフォーム

御社名を入力してください
姓を入力してください
名を入力してください
役職を入力してください
電話番号を入力してください
メールアドレスを正しく入力してください
住所を正しく入力してください

送信いただいた内容は、弊社プライバシーポリシーに基づき扱われます

会社概要
会社名 株式会社 Onion
代表者 川村亮介
設立 2016年4月
資本金 8,200万円(資本準備金含む)
所在地 〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル 3F

LATEST

最新記事